未来の集合住宅

[ 展示イラスト制作]

阪急阪神不動産様の未来の集合住宅を考えるプロジェクト「LIVING STYLE 2025住まいの未来」のコンセプトとキーワードのイラストを制作しました。このイラストは、2018年7月7日、8日に阪急百貨店うめだ本店にて開催された「阪急阪神LIVINGフェス 2018」内で展示されました。

- - - -
□ キーワード
“一棟まるごとHOMEな集合住宅”
① SHARING (開かれた集合住宅)
② AGING (変化し続ける集合住宅)
③ FEELING (五感にひびく集合住宅)
※ ②③のイラストのみ担当しました。

- - - -
□ イラストの工夫
・女性の社会進出
・高齢者単身世帯の増加
・テレワークの浸透
・シェアリングエコノミー / AI / ロボットの浸透
といったこれからの大きな社会変化に対して「集合住宅としてどのように見解を見出すか」という点も読み取ることができるよう工夫しています。

- - - -
□ 投票シール
来場者の方に、各テーマの中から好きな集合住宅を選んでもらい、シールを貼ることで“投票”してもらう形式としました。「AGING」は窓シール、「FEELING」は葉っぱシール、をデザインしました。

- - - -
□ 阪急阪神不動産 LIVING STYLE 2025
→ https://www.hhp.co.jp/services/living/ls2025/


- - - -
クライアント・企画/阪急阪神不動産株式会社
クリエイティブディレクション/富士通デザイン株式会社
イラスト/イスナデザイン